ゲームのきおく。

ゲームに関することなら何でも気の向くままに自由に語っていくだけのブログ

ゲームのきおく。

カテゴリ別
累計アクセスランキング

任天堂が決算データ公開!ここ半年の任天堂のゲーム売上を見てみよう!

─いま注目のアプリ─

f:id:Rewn:20191102120239j:image

 

年に数回、株主・投資家向けに行われる任天堂の決算説明会。

 

その開催時に毎回ホームページにて公開される資料が、近年の任天堂の動向がかなり細かく掘り下げられていて興味深い内容になっており毎回楽しみにしてます。

今回はそのデータの一部を抜粋してここ半年の任天堂の動向を見てみようと思います!

 

 

Lite発売後のSwitch本体の動きは?


f:id:Rewn:20191102120406j:image

任天堂が公開したSwitch LiteとSwitchのハード別販売グラフ。

Switch Liteが発売してからグンと販売数が伸びてますね。

 

すごいのは「Switch Liteが出たからノーマルSwitchの販売が下がる」というわけではなく、

ノーマルSwitchの販売数をキープしたまま、Switch Liteが上乗せされる形で売れていること。

 

正直、「価格の安いLiteが出たらノーマルSwitchが前ほど売れなくなって需要を食い合うんじゃ……」と心配してたのですが、全くそんな心配はいらなかった。

 

「テレビと携帯をSwitchできる」というSwitchの画期的で魅力的なコンセプトは、安価版が出ただけでそう簡単に薄れるものではないということですね。

 

 

Switch Lite購入者の半分近くが○○


f:id:Rewn:20191102123148j:image

そして驚いたのは、Switch Lite購入者のうち半分近くの人がノーマルSwitchを買った上で2台目として購入しているということ。

新規購入層がもっと圧倒的に多いのかなと思ってましたが、想像以上に2台目需要が高かったんですね。。

 

自分も2台目として買いましたが、やはりコンパクトさが段違いで、ノーマルよりも気軽に持ち運びやすいのが本当に便利です。

 

そしてSwitch Liteの購入者は「これまでより女性比率が高い」らしい

これはDSやWii時代の任天堂のデータと似ているので、DS・Wii時代を大きく支えていたライト層のお客さんが戻ってきつつあるのかもしれないですね~。

(これを機にDSWii時代のソフトもっとリメイクしてほしい)

 

マリオカートツアー発売から1ヶ月間の動向

 

f:id:Rewn:20191102120950j:image

マリオカートツアーが任天堂アプリ史上最高水準のダウンロード数、プレイ人数なのだとか。

ぶじ配信一ヶ月目からロケットスタートを切れたようですね!

 

さすが爆発的な売上を記録し続ける「マリオカート」のコンテンツ力は凄まじいですね。。

ぼくも今までの任天堂アプリの中では一番やりこんでいてハマっているお気に入り作品なので、この結果は素直に嬉しいです~。

 


f:id:Rewn:20191102121035j:image

そして12月についにマルチプレイのβテストが行われる事が発表!

もしかすると上手くいけば年内にオンラインマルチプレイが遊べるようになるかもしれないですね!

オンライン実装される日が待ち遠しい。。

 

夏以降のSwitch新作ソフトの売れ行きは?

f:id:Rewn:20191102121115j:image

6月に発売したマリオメーカー2が、WiiU版・3DS版と比べて1.5倍のシリーズ最高の出足!

 

f:id:Rewn:20191102121129j:image

さらにファイアーエムブレム風花雪月も歴代シリーズの中で最も勢いのある出足を記録しているとのこと!

 

ソフトのクオリティがどれもかなり高い事や、Switchというハードの勢いが近年の任天堂の中でもかなり高い水準を保っている事から、「シリーズ最高記録」という言葉をSwitch向けタイトルで目にする機会がかなり多いですね。

今後もこの勢いで突っ走っていってほしいですね!

 

任天堂ソフト売上が前年比○○%!

f:id:Rewn:20191102121225j:image

f:id:Rewn:20191102121236j:image

2018年の同じ時期のソフト売上と比べると53%もアップしているらしい。

今年は夏以降のソフトが充実してましたし、増税前の駆け込み需要にも合わせてハードやソフトを展開していたので納得の結果ですね!

 

過去のソフトの売れ方がとんでもない事に

f:id:Rewn:20191102121347j:image

新作ソフトだけでなく、過去のソフトも継続してどんどん売れ続けていることが売上アップの理由とのこと。

 

2年半前に発売したゼルダが132万本、マリカー8DXが191万本ってどんな売れ方だこれ……

ここ半年だけの数字すよこれ……バケモノすぎる……

 

Switchソフト全世界累計売上が公開!

そして全世界のSwitchソフトの「同梱版」「ダウンロード版」などを含めた総累計売上が公開されました。

 

f:id:Rewn:20191102121701j:image

 

スーパーマリオメーカー2 393万本

ゼルダの伝説 夢をみる島 313万本

マリオカート8デラックス 1,901万本

ファイアーエムブレム風花雪月 229万本

大乱闘スマッシュブラザーズSP 1,571万本

ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 1,454万本

NewスーパーマリオブラザーズUDX 459万本

スーパーマリオパーティ 759万本

 

 

とんでもねぇ数字が並んでますね。。

 

1位のマリオカート8デラックス、1,901万本て……これもともとWiiUの移植ソフトですよね……どこまで売れ続けるんだ……

 

スマブラSPも一年経たずして1,500万本超え。バケモノすぎる。。これからもDLC展開でどんどん売れ続けていくでしょうね~。

 

ゼルダBotwは累計1,454万本。ゼルダシリーズは一時期売上が落ちていたので、ここまで復活したのは本当に嬉しいです。。Botw続編も楽しみです。

 

今回載せたのは決算資料のほんの一部の抜粋なので、じっくり見てみたい人は任天堂ホームページからダウンロードしましょう!

https://www.nintendo.co.jp/ir/events/index.html

https://www.nintendo.co.jp/ir/library/earnings/index.html

 

今回の記事は以上です!

見ていただきありがとうございました!