ゲームのきおく。

ゲームに関することなら何でも気の向くままに自由に語っていくだけのブログ

ゲームのきおく。

カテゴリ別
累計アクセスランキング

スマブラSP・5人目のDLCファイターに新説浮上!?噂の「H社」のキャラを予想してみた

─いま注目のアプリ─

f:id:Rewn:20191110220833j:image

 

昨日、Twitterでもツイートしましたが、スマブラSPの5人目の新ファイターに関する「新たな説」が浮上しており、ここ数日Twitterで話題になっています。。

 

 

「S」QUARE ENIXの勇者
「M」icrosoftのバンカズ
「A」tlusのジョーカー
「S」NKのテリー

 

現在、DLC参戦している4ファイターの会社の頭文字を並べ替えると「SMAS」になり、もし5人目のキャラがH社なら「SMASH」になる。というアナグラム……
これ気付いた人ほんとすごい……

 

調べてみると、実は2ヶ月前にテリーの参戦が告知されたあたりから一部で話題になっていたらしい。全く知らなかった。。。

ただ、これはあくまで仮説であり「ただの偶然じゃないの?」「参戦キャラをそんな決め方してるとは思えない」という声も上がっており、正式には何もわかっていません。

 

今回は、もし仮にこの説が正しかったとして、「H」の付く会社のキャラクターの中で参戦資格のありそうなキャラはどれだけいるのか?

いくつか絞り出して予想してみました。

 

 

HAL研究所

f:id:Rewn:20191110223928j:image

「H」のつく会社、そして「アナグラム」というワードでまず最初に連想したのは『HAL研究所』(カービィ本編のステージ名などにもアナグラムが使用されている)

さらにスマブラのディレクター桜井政博さんは、カービィの産みの親であり、HAL研究所に在籍していた過去がある。
DLC最後のファイターがHAL研究所つながりのキャラというのは充分ありえる話である。。

 

そこでまずはHAL研究所が開発に携わったシリーズの中からいくつか予想。

 

バンダナワドルディ・マホロア(星のカービィ)

f:id:Rewn:20191110221948j:image

HAL研といえば星のカービィシリーズ。
そしてもはや参戦予想の定番となっているのがバンワドとマホロア。


星のカービィシリーズは2008年のスマブラX以来、新規参戦キャラが増えていないので、もし「ファイターパスの最後の最後に11年ぶりのカービィ枠からの新規参戦!」なんてのが来たら胸熱すぎますね。。。

 

キュービィ(ハコボーイ!)

f:id:Rewn:20191110222046j:image

近年のHAL研究所の有名シリーズキャラといえば、丸いカービィの対の存在として扱われている「キュービィ」
可能性は高くなさそうだけどカービィとキュービィの共演が実現したら面白そう!

 

ポーキー(MOTHER2)

f:id:Rewn:20191110222232j:image

「MOTHER」シリーズもHAL研が携わったもののひとつ。
HAL研究所時代の岩田聡さんが「MOTHER2」プロジェクトがピンチに陥っていた所を救ったエピソードはあまりにも有名ですね。
MOTHERシリーズから来るとすればスマブラXのボスにも登場経験があり参戦要望も多い「ポーキー」が怪しい気がする。。

 

マスターハンド(スマブラシリーズ)

f:id:Rewn:20191110222338j:image

「初代スマブラ」「スマブラDX」は元々HAL研が製作に携わっていました。
ファイターパス最後にしてシリーズ皆勤のスマブラオリジナルキャラであるマスターハンドがまさかの参戦!?とかいうサプライズを用意している可能性もなくはなさそう。。

 

HUDSON(ハドソン)

f:id:Rewn:20191110223943j:image

「H」のつく会社といえば、他に有名な会社で思い付くのは「ハドソン」
任天堂ハードでも様々なシリーズが展開されていますね。

2012年にコナミに吸収合併され、今は厳密には「ハドソン」という会社は存在していませんが、ハドソンの流れを汲むゲームシリーズの開発・発売は今も継続して行われています。

そんなハドソンの流れを汲むゲームシリーズの中から予想。

 

ボンバーマン

f:id:Rewn:20191110222437j:image

ハドソンといえばボンバーマン!
最新作「スーパーボンバーマンR」はヘキサドライブが開発、コナミによる発売となっています。

今作でアシストキャラとしても参戦しているので可能性は低いかもしれないけど、参戦要望も多く知名度も高いですし、何が起こってもおかしくないスマブラなので同作中にアシストからファイターへ昇格するという前代未聞のパターンにわずかな期待をかけたい。。。

 

桃太郎電鉄

f:id:Rewn:20191110222524j:image

桃鉄も元ハドソンのゲームとして有名ですね!
シリーズの知名度的には参戦できる資格は充分に満たしている気はします。

 

ですが…先日発表された最新作が「大人の事情」によりキャラクターデザインが大幅に変わってしまうという事態になっているので、少なくとも前のデザインで参戦する可能性は低いかもしれない。。

f:id:Rewn:20191110222506j:image

 

天外魔境

f:id:Rewn:20191110222659j:image

天外魔境も元ハドソンから発売された30年の歴史をもつゲームです。
SFC、GBA、GC、DSと任天堂ハードでも多く展開されているシリーズなので、可能性は大いにありそうです!

 

 

Human(ヒューマン)

 

f:id:Rewn:20191110223958j:image

「H」のつくゲーム会社として、もう一つ任天堂ハードと関わり深い会社が「ヒューマン」です。
2000年に破産し、現在は会社自体は消滅していますが、実はファミコン、スーファミ、ゲームボーイ時代の数々の人気ゲームを生み出してきた会社です。
そんなヒューマンからいくつか予想してみました。

 

謎の村雨城

f:id:Rewn:20191110222750j:image

和風アクションとして有名なファミコンのゲーム「謎の村雨城」は任天堂とヒューマンにより開発されたゲームです。
主人公の「鷹丸」はスマブラにアシストキャラとして出演しています。

要望も多いキャラなので、「アシストからファイターに昇格」という可能性もありえるかも。

 

クロックタワー

f:id:Rewn:20191110222808j:image

あの有名なホラーゲーム「クロックタワー」もヒューマンにより開発されたゲームです。
「ダックハント」「悪魔城ドラキュラ」「餓狼伝説」など近年はレトロゲーム枠からの参戦が増えているので、こちらも可能性はありそうです!

 

ヒューマンは他にも「フォーメーションサッカー」「テコンドー」「セプテントリオン」などのソフトを手掛けています。

 

 

ざっと思い付いたのはこのくらい。。

他にも「H社」で参戦資格を満たしていそうなキャラクターがいれば教えてください!

 

ただ、最初にも書いたとおりあくまで「説」なので、例のアナグラムは偶然の一致の可能性もあり、H社のキャラクターが必ず参戦するわけではありません。

 

もうすぐ発表されるであろう、5人目のファイターは誰になるのか?

発表が楽しみですね!